:必要書類 の記事一覧 – 会社設立準備のきほん

HOME » 必要書類

必要書類

提出すべき会社設立の書類


会社設立したいときは、必要書類を用意して、所定の役場に提出することになります。
その提出が必要な書類とは、どんなものでしょうか?

まず必要になるのは定款です。
株式会社の場合はこれができたら公証役場へ提出したあと、法務局で登記を行います。
合同会社の場合は公証役場への提出は必要なく、定款が完成したら法務局で登記となるのです。
会社設立するにあたり、真っ先に完成すべき書類となりますから、これを作ってください。
≫ 『提出すべき会社設立の書類』

会社設立費用の科目とは


自分で一から会社設立するとき、たくさんの費用がかかります。
法定費用だけでも定款に貼る収入印紙代や法務局での登録免許税がかかりますし、株式会社なら公証役場での手数料も必要です。
これはあくまで最低限必要な費用で、そのほかにもたくさんの準備物があると思います。
仕事道具や事務所など揃えるなら、すべてそれにも費用がかかるでしょう。
これらは間違いなく会社設立のための必要経費になると思えるでしょうが、これら費用は適切な科目で処理しないといけません。
≫ 『会社設立費用の科目とは』

合同会社にかかる費用詳しく説明

近年、会社設立をする人の中には株式会社ではなく、合同会社を選択する人も増えているそうですが、まだまだビジネスシーンでは株式会社のほうが圧倒的にメジャーですし認知度も広がっていないのが現状です。
しかし欧米などでは合同会社はひとつの会社形態としてしっかり認識されていますし、ポジションも確立しているので、今後日本でも合同会社のポジションがどんどん良くなっていくのではないかと推測されます。

それでは合同会社を設立するためにはどのくらい費用がかかるのでしょうか?
実は合同会社を設立する人の中には会社設立手続きにかかる費用が決め手のひとつになっているケースも多いと聞きます。
≫ 『合同会社にかかる費用詳しく説明』

費用の仕訳

会社設立するためにはいろいろなところに費用がかかってきますが、どこにどれくらい費用がかかっているのかきちんと認識しておかなければなりませんし、仕訳もやっておく必要があります。
初めて会社設立する人の多くはまずどれくらい費用がかかるのか、どんなところにお金が必要になるのかを詳しく知らないという人もいるでしょう。

そこでここでは会社設立にかかる費用と仕訳の際に知っておくべき費用の種類についてお話していきます。
はじめに会社設立の準備をはじめたときから会社設立までにかかったお金を「創立費」として経費計上することが可能で、これは発起人に支払われる報酬やそこに関わった人への給料、登記手続きの際にかかった司法書士や行政書士に支払った報酬、オフィスなどを借りたときに発生する賃貸料、登録免許税、金融機関の取扱手数料、そのほかにも創立にかかわるお金として必要になったものは経費にすることができます。
≫ 『費用の仕訳』

株式会社と節税について

これから会社設立しようと考えている方の中には節税を目的とされている方も多いのではないでしょうか。
事業に関してスタートアップ時は個人事業主として始め、軌道にのってきたら展開を拡充していきたいと考えるのは自然なことです。
また個人事業主では何かと税金がかさみがちであり、会社設立で事業の拡充と節税の2つを解決できれば一石二鳥と言えるでしょう。
これから株式会社を設立することを検討されている方に、どのような点で節税することができるのかをチェックしておきましょう。

≫ 『株式会社と節税について』

会社設立手続きの書類

新規に会社を作るためには、書類の作成が多く必要です。
必要な書類について完全にわかっている人は少ないでしょうから、会社設立手続きのための書類をご紹介しますので参考にしてください。

現在、これから会社を作るとして現実的なのは株式会社と合同会社ですが、どちらを選ぶにしても定款が必要になります。
≫ 『会社設立手続きの書類』