会社設立費用を抑えたい – 会社設立準備のきほん

HOME » 会社設立の基本 » 会社設立費用を抑えたい

会社設立費用を抑えたい


 
・会社設立するには最低費用はどのくらいかかるの?
最近一人で会社設立をしたり、あまり資金がなく費用を抑えて会社を設立するという事も珍しくありません。
でも会社設立にかかる費用って結構掛かるのではないでしょうか。
最低費用はどのくらいなの?
という疑問を調べてみましょう。

 
・株式会社で25万円・合同会社で10万円程度の費用が掛かります。
会社設立に絶対にかかるものがあります。
会社を設立するためには定款の作成をしたり、登記をする費用がかかったりしますので、初期費用は意外にかかります。
その中でも株式会社で25万円、合同会社で10万円程度は必ずかかる費用となります。
まずは公証人役場での定款に貼る収入印紙代金、これが40,000円かかります。
定款謄本代が2000円程度かかります
ここまでが公証人役場での手続きの費用になります。
次に登記をする法務局でかかる費用を見てみましょう。
登録免許税が150,000円、登記事項証明書代が1枚600円、印鑑証明書代450円かかります。
これを合計すると、250,000円程度かかります。
上記は株式会社ですが合同会社では、登録免許税が60,000円となります。その他は株式会社と変わりません。
最低費用は上記のようになります。

 
・法定費用以外にもまだまだかかる初期費用
法定費用以外にもオフィスを借りるのであれば、敷金礼金、不動産手数料など、またオフィスの家具やパソコンやプリンターといったOA用品などを買いそろえる場合はまたさらに費用が掛かります。
また最初の様々な取引時にかかってくる費用など、はじめましての取引の際は登記簿謄本を提出する場合が多いです。
そのように塵も積もれば山となるというように、少しずつの費用ではありますが初期にかかってくるお金は多くなってしまいます。

 
・会社設立はスピーディーに
なるべく確実にスピーディーに会社を設立したいのであれば、専門家への相談がおすすめです。
様ざまな法廷手続きなどで、初めての会社設立ではなかなか分からないことも多くなります。
また出来るだけ早く会社設立をして売り上げを建てたいのが正直な気持ちです。
そこで税理士や会社設立を専門に行う業者に相談してみると良いでしょう。
定款の収入印紙代の40,000円を貼らずに済む電子定款を専門家に依頼することで使えますので、費用はそこまで変わらないのも専門家に依頼する人が多いのです。
一度無料相談などを通して相談してみることをお勧めします。