会社設立手続きの書類 – 会社設立準備のきほん

HOME » 必要書類 » 会社設立手続きの書類

会社設立手続きの書類

新規に会社を作るためには、書類の作成が多く必要です。
必要な書類について完全にわかっている人は少ないでしょうから、会社設立手続きのための書類をご紹介しますので参考にしてください。

現在、これから会社を作るとして現実的なのは株式会社と合同会社ですが、どちらを選ぶにしても定款が必要になります。

定款にはその会社に関する多くの情報を記載します。
たとえばその会社の名前、住所、やっている事業の内容、決算情報などの公開方法などです。
株式会社なら株式の発行数や運営方法なども書かれていますし、その他、その会社の運営に関する基本ルールも載せます。
この定款を読むと、その会社の基本情報から運営方針まで、すべてわかるようになっています。

あまりにもその会社について詳細な書類ですから、これは会社ができた後、その会社の実態を記録したものと思うかもしれません。
しかし実際は逆で、会社を作る前に、どこにどんな会社を作り、どう運営するのかを発起人が決めます。
その決定内容を書類にまとめたものが定款となるのです。
つまりこれから会社設立するなら、その手続きのために定款を一から作らないといけません。
この書類の作成が多くの人にとっての山場となるでしょう。

この定款が完成したら、あとの書類は作成や準備にそこまで手間はかからないと思います。
株式会社の場合、定款が完成したらまず公証役場で認証の手続きを行いますが、ここでは先に作った定款と、発起人全員分の印鑑証明書があればいいからです。
印鑑証明書は各発起人の現住所を管轄する役場などで発行してもらえます。
もし印鑑登録をしていないときは、会社設立手続きを始める前に登録しておくといいでしょう。

この認証の手続きが終わったら、資本金を振り込んだ後、法務局での登記になります。
ちなみに合同会社を作る場合は、認証の手続きは必要ないため、定款が完成したらすぐにこの資本金の振込と登記の手続きに入れます。
この登記で必要な書類は、やはり定款です。
株式会社の場合はもう認証が済んだ定款が必要ですから、登記を先にすることはできませんから注意してください。

登記で必要な書類は多くあります。
登記申請書、登録免許税分の収入印紙を張り付けた用紙、発起人の決定書などです。
必要な書類はケースによって変わり、場合によっては全部で合計10種類以上の書類が必要になることもあるため、こちらの必要書類は事前に法務局か専門家まで問い合わせるといいかもしれません。
これらが会社設立手続きに必要な書類の基本です。