会社設立手続きの流れ – 会社設立準備のきほん

HOME » 必要書類 » 会社設立手続きの流れ

会社設立手続きの流れ

会社を作るためには多くの手続きがありますが、それらは一体どのような流れになっているのでしょう?
多くの人がやっている流れをご紹介します。
これから会社設立しようと思っている人はぜひチェックしてください。

会社設立の手続きの流れは、必要書類や印鑑などを揃えたあと、公証役場、銀行、法務局の順で手続きをします。
やることは、公証役場では認証の手続き、銀行では資本金の振込、法務局では登記の手続きになるのですが、やっている人の感覚ではほとんどが書類の用意と提出になると思います。

最初の手続き先は公証役場です。
法務局からの手続きはできませんから注意してください。
公証役場では定款と発起人全員分の印鑑証明書を提出し、その定款の内容を公証人に確認してもらいます。
定款とはその会社の名前やデータ、規則などをすべて1つの書類にまとめたものです。
これを公証役場で確認してもらい、認証をもらうと、その定款の内容を公証役場の方で証明してもらえるようになると思います。
作った定款をこの状態にすることが大事ですから、まずはこちらで手続きを終えてください。

それが終わったら、銀行で資本金を振り込みます。
口座は発起人個人のものになるでしょう。
資本金は会社の口座に入れるイメージがあると思いますが、まだ会社設立が終わっていない段階ではその会社が存在していないため、口座も作れないと思います。
そのため発起人個人のものでいいですから、資本金を振り込んでください。

そこまで終わったら、最後に法務局での登記です。
ここは特定の情報や書類を登録する場所で、登録した情報は第三者が確認できるようになります。
これから会社を作る場合、その情報については第三者が確認できる状態になっていないといけませんから、最後にここでその会社の情報について登記を行います。
ここでは非常にたくさんの必要書類があるため、登記の前には法務局まで一度問い合わせ、必要書類を教えてもらってからやると一度の手続きで済むと思います。

会社設立の手続きはこのようになっており、流れさえ分かっていれば意外と簡単にできる人も多いでしょう。
ただ、定款という会社の書類ができないとこの流れが始まりませんから、具体的な手続きに入る前に、まずは定款作りを丁寧にやってください。
また、設立する会社が合同会社の場合、ご紹介した手続きの流れの中で公証役場は必要ありません。
すぐに銀行、法務局という流れで会社設立できると思います。
合同会社を作る人は、公証役場の部分は飛ばしてください。