提出すべき会社設立の書類 – 会社設立準備のきほん

HOME » 必要書類 » 提出すべき会社設立の書類

提出すべき会社設立の書類


会社設立したいときは、必要書類を用意して、所定の役場に提出することになります。
その提出が必要な書類とは、どんなものでしょうか?

まず必要になるのは定款です。
株式会社の場合はこれができたら公証役場へ提出したあと、法務局で登記を行います。
合同会社の場合は公証役場への提出は必要なく、定款が完成したら法務局で登記となるのです。
会社設立するにあたり、真っ先に完成すべき書類となりますから、これを作ってください。

とはいえ、定款は簡単な申請書のような書類ではなく、会社の憲法とも呼ばれる重要書類です。
これを自分で作らないといけませんから、知識がないと作れないことも多いでしょう。
実際に作るときはプロに作成を依頼するか、インターネット上で公開されている無料のテンプレートを使うなどすると、簡単に作れます。

提出が必要なその他の書類は、印鑑証明書です。
公証役場での手続きが必要な場合、発起人全員分のものを提出しますから、各自で用意してください。

登記のときもこれが必要です。
取締役会を置かない場合は、取締役全員の印鑑証明書が必要です。
取締役会がある場合は、代表取締役のものだけで構いません。

そして提出すべき書類が多いのが、登記のときです。
このときは先の定款と印鑑証明書のほか、準備すべき書類がたくさんあります。
まずは登記申請書です。
登記するときはこれが必要になります。

次に登録免許税の収入印紙を貼り付けした用紙
登記では登録免許税の支払いが必要なのですが、これは現金で直接支払うのではなく、収入印紙を購入し、それを貼り付けして提出するという形になります。

次に登記すべき事項を保存したCD-RまたはFD。
書類ではありませんが、このときに提出すべきものですから、必要書類の一つとして準備しておきましょう。

次に定款です。
株式会社の場合は公証役場での認証を終えたものを用意してください。
次に取締役の就任承諾書。
会社に必要となる取締役という役員を決めたと思いますが、その役員に就任したことを承諾したという書類です。

次に払い込みを証明する書類。
これは資本金を振り込んだ通帳のコピーとなるのが一般的です。
会社設立にあたって用意したその資本金が本当に存在することを証明する書類となります。

次に印鑑届出書。
これは法人用の印鑑を登録するための書類です。
必要事項を記入し、その印鑑を捺印の上、提出してください。

会社設立するとき、提出すべき書類にはこのようなものがあります。
数が多いですから、一つずつ確認しながら用意していくといいでしょう。