会社設立のための必要書類 – 会社設立準備のきほん

HOME » 必要書類 » 会社設立のための必要書類

会社設立のための必要書類

会社設立の手続きとして具体的に何をするのかというと、必要な書類を用意し、それを届け出るという流れになります。
そうなると、会社設立のために準備すべき必要書類が気になりますよね。
どんな書類の用意が必要なのか、ご紹介しましょう。

まず事前の準備として、市役所に印鑑を登録しておきましょう。
これは発起人の印鑑証明書を取得するためです。
もう登録している方はいいのですが、まだ登録しておらず、正式に自分の実印といえる印鑑を持てていない方は、なるべく早めに市役所まで印鑑登録の手続きをするといいかもしれません。

これが終わると、印鑑証明書を取得できます。
発起人の印鑑証明書は必ず必要になるため、すぐにでも会社設立の手続きを始めるつもりなら、これを取得しておくといいです。
なお、株式会社を作る場合、公証役場と法務局とでそれぞれ手続きが必要ですが、どちらもこの印鑑証明書が必要書類になっています。
株式会社を作る場合、この書類を2部用意しておいてください。

もし発起人が複数人いるなら、印鑑証明書も人数分必要です。
自分の印鑑証明書は用意できても、共同設立者のものが揃わないと手続きできないため、相手が印鑑登録をしているかも注意するといいでしょう。

このほか、必要書類には定款があります。
これはどこかで取得するものではなく、自分で作る書類となります。
定款とは会社の憲法と呼ばれる書類で、株式会社でも合同会社でも、創業された会社はみんなこの書類を持っています。

いつこれを作るのかというと、会社設立の段階で作るのです。
会社の憲法と呼べるよう、その会社の社名や所在地など基本的な情報を明記し、会社の運営方針も載せていきます。
どう作るのかよくわからないこともあるかと思いますが、会社設立する方向けに無料のテンプレートが多くありますし、起業関連の無料相談で作り方を教えてもらえることもあります。

ちなみに定款がないと会社設立の手続きは始まりません。
利用できるテンプレートなどを活用しつつ、定款を作ってください。
このほか、登記の手続きのときには、この届出専用の多くの必要書類があります。

その必要書類とは、登記申請書、登録免許税用の収入印紙を貼り付けた台紙、取締役の就任承諾書、資本金の払い込みを証明する書類、印鑑届出書などです。
ケースによっては、このほかに必要な書類が加わることもあります。
このように会社設立の手続きでは多くの必要書類があります。
準備できるものからどんどん準備すると、手続きがスムーズになりますよ。