会社設立手続きのポイント – 会社設立準備のきほん

HOME » 会社設立の基本 » 会社設立手続きのポイント

会社設立手続きのポイント

会社設立手続きはできるだけスムーズに終わらせたい、おそらくほとんどの起業家がそう考えているでしょう。
しかし個人事業主のころとは違って会社設立するためにはやらなければならない手続きも多くなりますので、なかなかうまくいかないことも出てくるはずです。

会社設立をスムーズに進めるポイントはいくつかありますが、まずは何をするべきかを明確にすることで、これが分かっていれば会社設立に向けてのスケジュール調整もしやすくなります。
会社設立の流れはまず会社名や会社の所在地、事業内容などの基本事項を決めた後でそれらの情報や会社の組織図にあたる機関設計、資本金などを記載した定款を作成します。

定款の作成は会社設立手続きのひとつのポイントになる部分で、これは紙で作成することもできますが、印紙代が40,000円もかかってしまうので今は電子定款が主流になっています。
電子定款にすると手数料がかかりませんが、専門のソフトを使わなければならないのと作成にあたって知識が必要になりますから、できれば専門家に任せたほうがいいでしょう。

また、株式会社の場合は定款の作成が終わったら公証役場で認証手続きをしなければなりませんのでそちらも忘れずに行います。
そして資本金の払い込みを行ったら登記書類の作成に入りますが、定款のところでも言いましたが重要書類の作成は専門家に任せるほうが確実でスムーズですし、どんな書類を用意しなければならないのか伝えてくれるので最初の段階で専門家を雇っておくといいかもしれません。

書類作成に強いのは司法書士や行政書士ですが、登記申請の代行まで任せたい場合は行政書士ではできませんので司法書士がいいでしょう。
さらに会社と密接な関係にあるのが税金に詳しい税理士で、税理士は顧問契約しておくと会社設立手続きのときはもちろん会社をスタートさせてからも確定申告や節税に関するアドバイスを受けられるので便利です。

このように会社設立手続きをスムーズにするためには専門家をうまく使うことも手段のひとつで、そのためにはやることを明確にし、役割分担をしっかりすることが大切です。
情報源はインターネット上や会社設立関連の本なども出ているので、そういったところから仕入れてください。

会社設立手続きがスムーズに終わればそれだけ運営もスムーズにはじめられるはずですし、経営者自身も役割がはっきりしている分やりやすいでしょう。
専門家を選ぶときにはある程度時間をかけて信頼できる人に任せてください。