会社設立手続きの期間 – 会社設立準備のきほん

HOME » 会社設立の基本 » 会社設立手続きの期間

会社設立手続きの期間

一から会社を作るのはかなり大変な手続きになりそうだと思いませんか?
会社設立手続きを始めてから、どれくらいの期間で会社を作れるのか、目安をご紹介します。
会社設立から創業開始のスケジュール作成などのために役立ててください。

目安となる期間は、おおよそ2週間ほどです。
これは自分で手続きをしたときの標準的な期間でもありますし、専門家に依頼したときも、特別急ぎで依頼をしなかった場合は、これくらいの期間で会社設立が終わることが多いのです。
この2週間の内訳は、1週間で定款の作成から資本金の振込まで、残りの1週間で登記の完了となるでしょう。
会社設立手続きについて簡単にご紹介すると、まずは定款の作成から始まることが多いと思います。

定款とは、その会社の名前などの基本情報から運営規則までを定めた、会社設立のための重要な基本書類です。
これができないと会社設立はできませんし、ほかの手続きも進められないため、これから取り組む人がほとんどになっています。
しかしここで作った定款により、会社の名前や住所、運営の方針が決まってしまうため、片手間で適当に作る人はほとんどいないと思います。
また、日常生活ではまず作ることのない、非常に複雑な書類ですから、単純に作りにくくて時間がかかることも多いようです。

このような事情で、会社設立手続きの最初のステップとなる定款作成で、ほぼ1週間近くかかることは多いと思います。
自分一人で手続きをする場合、これだけで2週間近くかかることもあるかもしれません。
それくらいの期間でイメージしておくといいでしょう。

定款ができたら、株式会社の場合は公証役場での認証、資本金の振込、登記と進んでいきます。
合同会社の場合は認証が必要なく、資本金の振込、登記と進みます。
登記に入るまでの手続きは、作った定款の不備や、添付書類の不備などがなければ1~2日で終わることも多いため、そこまで期間はかかりません。
それが終わり、登記に入ると、1週間ほどまた期間がかかると思います。

登記は提出書類に不備などが一切なくても、登録が終わるまでに1週間ほどは待ち時間があることがほとんどのようです。
そのため、登記に入るまでに1週間ほどかかると、待ち時間でさらに1週間かかるため、合計2週間が会社設立の手続き期間として必要になるのです。
自分一人で手続きをしても、専門家に依頼しても、だいたいの標準期間は2週間となるのだと覚えておくといいでしょう。
もっと早く会社設立したいときは、専門家まで特急サービスを依頼すると、即日で登記までの手続きを終わらせることで、合計1週間ほどで会社設立できることもあります。