会社設立手続きのスケジュール – 会社設立準備のきほん

HOME » 会社設立の基本 » 会社設立手続きのスケジュール

会社設立手続きのスケジュール

現在、日本では若い起業家が増えており自分の会社を設立するために動いている人がたくさんいます。
これから会社設立するにあたって重要になるのはスムーズに運営をスタートさせることで、そのためにはきちんとスケジュールを立てて手続きを進める必要があります。

そこでここではこれから会社設立を目指す人のために一般的なスケジュールを紹介していきますので参考にしてください。
はじめに会社の基本事項を決めるのですが、これは会社名・会社の所在地・事業内容の3つです。

会社名は自分の好きな言葉でも、経営理念や事業に関係する言葉でもなんでも構いませんが、商号登録されていない名前が条件になります。
したがってある程度会社名が決まったら一度商号調査をしてみて登録がないか確かめてみたほうがいいでしょう。

会社の所在地を決めるときには円滑な運営ができるかという点がポイントになり、これは社内の仕事のしやすさはもちろんアクセス面も大きなポイントになります。
いくら社内環境が快適でもアクセスが悪い場所だと求人を出しても人が集めにくくなりますので苦労します。

事業内容は自分がどんな商材をどういう戦略で売っていくのかというもっともコアになる部分ですから、発起人同士で十分話し合うことはもちろん、外部から詳しい人を呼んでアドバイスを受けることも大切です。
会社の基本事項が決まったら次は定款の作成に入りますが、定款とは会社のルールブックのような書類で、会社名や会社の所在地、事業内容のほかにも会社の組織図となる機関設計や資本金などを記載します。

定款の作成は今電子定款が主流になっており、これは専門的な知識が必要になりますので専門家に任せる人も多いです。
株式会社を設立する場合は定款の作成が終わったら公証役場で認証手続きをしなければなりませんが、その際に認証手数料50,000円と登録免許税150,000円に各種手数料が入ってトータルで200,000円程度かかります。

無事定款の認証が終わったら資本金の払い込みを行い、いよいよ最終段階の登記申請に入ります。
登記申請は法務局で行いますが、定款のほかにも登記申請書や取締役全員の就任承諾書、印鑑証明書など必要書類を準備しなければなりませんので忘れずに持参してください。

登記申請が通ったらあとは税務署で届出を出したり、オフィスを借りる人は不動産屋へ行ったり、インターネット回線の申し込みなど必要な手続きを済ませてください。