会社設立の手順 – 会社設立準備のきほん

HOME » 会社設立の基本 » 会社設立の手順

会社設立の手順

会社設立の準備をスムーズに進めていくためには、あらかじめ手順を把握しておくことが大切です。
そこでここでは会社設立の構想から手続き完了までの流れを簡単にお伝えしていきますので、これから起業を考えている方は参考にしてください。

まず最初にやることは設立項目を決めたり、印鑑を作成することです。
設立項目とは会社名や事業内容、所在地をどこにするのかといった基本的なことで、印鑑は後ほど登録する必要がありますから会社用と役員用、銀行用と作っておきましょう。

次に定款の作成・認証を行いますが、定款とは会社の決めごとを記載するもので、いわばルールブックに該当するものです。
書き方も決まっていますが、最近ではテンプレートもありますし専用ソフトを使って電子定款も可能ですから、コストを抑える意味でもそちらのほうがいいかもしれません。
定款の認証は公証役場で行いますから、作成できたら持っていきましょう。

それが終わったら各種申請書類の作成と資本金の振り込みで、ここからはいよいよ大詰めに入ってきます。
各種申請書類はいろいろなところへ届出を出さなければならないので、それぞれどこにどれを出すのか分かるように準備しておきましょう。
都道府県税事務所や市税事務所、年金事務所、労働基準監督署、ハローワークなど行くところも多いので行く順番も決めておくといいと思います。
そして会社設立の登記申請を法務局で行い、登記簿謄本を取得してください。
これが終われば会社設立を正式に認められたことになります。

あとはスタートに向けた手続きをするだけで、たとえば銀行口座の開設やインターネット回線の契約、作成した申請書類の提出などを行います。
最後に助成金が必要なら申請をして完了です。
申請は助成金の種類によって異なりますし、審査が必要になります。

だいたいこのような手順で会社設立は進めますから、分からないところは専門家の力を借りつつ、ひとつひとつ確実に進めていくことを心がけてください。