会社設立したら青色申告を – 会社設立準備のきほん

HOME » 会社設立の基本 » 会社設立したら青色申告を

会社設立したら青色申告を


会社設立前に考えたいのは、起業手続きのために必要な書類の準備かもしれません。
必須書類となっている定款では、どんな会社を作りたいのかに応じて、必要な項目をもれなく載せないといけませんから、これの準備に忙しくなりがちです。
しかし会社設立にあたっては、ほかにも準備しておきたいことがあります。
青色申告の準備は、その1つになるでしょう。

青色申告とは、税金の申告方法の1つです。
ほかには白色申告というものがあり、何も手続きしていないとこちらで申告することになります。
それに比べて青色申告は希望者だけが利用できる方法で、節税のメリットが多いのが特徴です。

個人事業主でも会社法人でも、少しでも節税するため、青色申告を利用しているケースが非常に多いです。
会社設立するとき、初年度からなるべく節税したいなら、すぐにこの青色申告を利用するといいでしょう。

これを利用するためにやっておきたい準備は、会社設立が終わった直後、すぐに税務署に申請書を提出することです。
先にもご紹介した通り、青色申告は希望者だけが利用できる方法で、これを希望するときは管轄の税務署に申請書を出さないといけません。
これを出せる時期も決まっています。

創業初年度から青色申告を利用したいなら、法人設立後の3か月以内に申請する必要があります。
その期限よりも早く、自分が設立した会社の事業年度の終了日が来る場合は、その終了日までに出さないといけません。
いずれにせよ、会社設立直後にすぐこの申請書を出さないと、創業初年度は白色申告することになります。
青色申告を希望するときは、申請書を忘れないよう、しっかり準備しておきましょう。

このほか、青色申告を利用するには、自社の会計の方式を複式簿記にしないといけません。
青色申告を考えているなら、これの準備も必要です。
現在のところ、青色申告のための複式簿記を自分でつけるなら、会計ソフトの利用が非常に便利です。
複式簿記の知識がなくても、そのソフトのガイドに従って入力すれば、複式簿記の形式で入力できるようになっています。

また、会社設立後は会計を税理士に依頼するつもりなら、青色申告を想定した複式簿記での記帳に対応できる方を探すことが大事ですね。
その相手にきちんと依頼ができれば、自分で複式簿記などをうまくつけられなくても、青色申告が利用できます。
このように会社設立後に利用したい青色申告のために、やっておきたい準備がいくつかあります。
創業初年度からできるだけ節税したい方は、これら準備もしっかりやっておくといいでしょう。